アルス・スブティリオル2012/03/15

 最近ヨーロッパの中世音楽を良く聴いているが中でもアルス・スブティリオルの時代の音楽が興味深い。
 中世音楽といえばギヨーム・ド・マショーやジョスカン・デ・プレ、ギヨーム・デュファイ等がまず思い浮かぶが一口に「中世音楽」と言っても時代はかなり違い作風も相当違う。普通我々がバッハとワーグナーを同じように思わないのと同様、マショー(14世紀)とクレマン・ジャヌカン(15-16世紀)では相当に違う。バロック以前の中世音楽はどれも一緒に聞えるいうのは聴き慣れていないせいであろう。少なくともデュファイ以後の作曲家は個性の表出が顕著に表れ始める。とはいっても私はまだ曲を聴いてこの作曲家だ、断定するほどではないので耳が鈍感になっているのであると思う。

 アルス・スブティリオルは「より繊細な技法」という意で時代はマショーの後続の世代である。すでにマショーにより複雑なリズム書法による作品が書かれていたが、この世代になると更にリズムは複雑になってゆく。「ヨーロッパ音楽のリズムがこれほどまで複雑になったことは、現代作品をのぞいて、かつてありえなかった」と皆川達夫氏が書いているように現代の記譜法に直された楽譜は正に「真っ黒」という相貌である。百年戦争、ペストの流行と不安定な時期でありでマニエリスム、デカダンスが色濃い。

 中世の音楽はどこかバロック以降の複雑な作曲技法とは違い素朴な味わい、癒しの音楽、というようなイメージがあるがそういう一面もない訳ではないが遥かに技巧的であり理知的な音楽である。

ヘンゼルトのピアノ協奏曲2012/03/18

 大阪交響楽団、於シンフォニホール。指揮は寺岡清高、ピアノ長尾洋史。
 ポンティ、アムランの録音もある作品だが相当に難しい作品。やや紋切り型の部分もあるがロマン派のピアノ協奏曲の佳曲だろう。レコーディングが入っていたためやや慎重な演奏だったおそらくこれから先ヘンゼルトの協奏曲を聴く機会は滅多にないだろうから貴重な演奏会であった。
 協奏曲形式はあまり好きではないのだがライヴで聴くと華があって魅力的ではある。シュトラウスの「ブルレスク」とかドビュッシーの「幻想曲」など演奏される機会が少なく残念だ。

アレクサンドル・ヴォロディンのカプスチン「ソナタ2番」2012/03/19

 NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」。
 カプスチンの「ソナタ2番」はペトロフ、アムランの「クラシック演奏家」の極点ともいうべきレヴェルの高い演奏がある。カプスチン本人の演奏はというと明らかに二人の演奏とは趣が違う。自作ということもあるがノリとアドリブ感がペトロフ、アムランとは全く違うように聴こえる。どちらが良いとか正しいとかいう問題ではなくこれは演奏のスタイル、考え方の違いであろう。アムランがインタビューで「私はジャズ風の作品を演奏することで満足なのです」と語るのは「クラシック演奏家」である自覚の表れであろう(「クラシック演奏家」がジャズピアニストの真似をして弾くのは相当に聴き苦しい)。ヴォロディンの演奏も「クラシック演奏家」のものであるがカプスチン本人との親交もあるらしいのでやや「どっちつかず」の感もある。だからと言ってまずい演奏家といえばそう云う訳ではなくライヴで聴けば吃驚する演奏だと思う。ただカプスチン作品の演奏の難しさ、それは技術的なことではなく、上記のスタイルの問題を改めて考えさせるものであった。大げさにいえば、この問題を素通りしてはカプスチンの作品は安易に手掛けるべきではないだろう。